<< ホームステイな夜。 てきめんや part2 >>

青少年コアリーダー育成プログラム

先週あいよるにて、ドイツ・イギリス・フィンランドから13名の
障害者福祉関係者が来函。 
その召集実行委員として英語もろくにできないのに参加していたわけです。
前職を辞めた時期からなので9月から動き続けていました。
他の実行委員の方々のレベルの高さに圧倒されながらも、
とっても刺激的で学びの多い経験になりました。
いざ!当日はなんとか持ってる英語力をフル回転し
接待。(^_^;)
向こうの方々(特にフィンランド人)って、普通の会話の中にも
「人権」とか「インクルーシブ」について気軽に話し合ったりするんです。
だから、とってもディスカッション慣れしてる。
自分の意見をきちんと言葉で伝えられる・・うらやましいなぁって思いました。
机上の空論なんかじゃない。
どうすれば実行できるか、たくさん話し合ってる。

e0156132_2010979.jpg


今回の内容も具体的な話し合いができて、とても良かったです。
自己決定を大事にし、障がい当事者は自らボスとなって
雇う側になる。ヘルパーも施設も自分で決める時代はすぐそこなのかもしれない。
今 日本はやっと障がい者福祉について目を向けつつある。
いまがとても大事な時期なのかも。
[PR]
by biroism | 2010-02-18 20:14 | ぶっちゃけ日記
<< ホームステイな夜。 てきめんや part2 >>