<< 歴史的な第一歩 My Birth Day >>

突然のおしらせ

それは突然の出来事だった。
元職場の先輩・ちびママから、昨日メールがきた。

彼女は施設の中でも一番介助量の多い人だった。
体はとても小さく、骨は少し手が当たっただけで折れてしまうくらいもろかった。
彼女の体に触れるのが許されるのは、彼女が許した人だけ。
そのため自信をなくして辞めていく職員も多かった。
どんなに慣れている人でも 彼女をケガさせてしまうことが何度とあった。
しかも彼女は平気で職員を罵倒し傷つけた。
けど、ポエムが好きで彼女自身とてもこころのもろい人だった。
好きな職員によくポエムを書いてくれたり、夜勤中にお菓子やジュースをくれた。
腰が痛い、頭が痛いなんていった日には、シップや痛みどめをよくくれたね。

そんな彼女が昨日肺炎のため亡くなった。

12月29日 彼女からの着信があった。
私は出ることができず、その後かけなおすこともせず
とても今後悔している。

そこの職場を辞めてからも
よく彼女からの相談を受けたり、外出のお手伝いをさせてもらってた。
かんばす主催の花見やDPI大会では本当に仲良くさせてもらった。

去年の障害者アーティスト団体主催のクリスマスでは彼女の念願が叶い、
彼女の詩にマックスというアーティストが曲をつけてくれた。
本当に嬉しそうだった。

今まで「死にたい」「いなくなりたい」「だれか殺して」なんていってた彼女が
生きがいをみつけて輝きだした矢先だった。

今まですっと信頼してくれてありがとう。
こんな私でも誰かのお役にたてることができるんだって、思うことができた。

ご冥福をお祈り致します。

e0156132_2354623.jpg

[PR]
by biroism | 2010-01-07 23:54 | ぶっちゃけ日記
<< 歴史的な第一歩 My Birth Day >>